バイクリボン 限定価格セール メイズ レッド 自転車 バーテープ バーテープ,バーテープ,メイズ,/albuminogenous9024058.html,レッド,メイズ,レッド,バイクリボン,バイクリボン,2968円,love-productions.com,自転車,スポーツ・アウトドア , 自転車・サイクリング , 自転車用パーツ , グリップ・バーテープ,自転車 バイクリボン 限定価格セール メイズ レッド 自転車 バーテープ 2968円 バイクリボン メイズ レッド 自転車 バーテープ バイクリボン メイズ レッド 自転車 バーテープ スポーツ・アウトドア 自転車・サイクリング 自転車用パーツ グリップ・バーテープ バーテープ,バーテープ,メイズ,/albuminogenous9024058.html,レッド,メイズ,レッド,バイクリボン,バイクリボン,2968円,love-productions.com,自転車,スポーツ・アウトドア , 自転車・サイクリング , 自転車用パーツ , グリップ・バーテープ,自転車 2968円 バイクリボン メイズ レッド 自転車 バーテープ バイクリボン メイズ レッド 自転車 バーテープ スポーツ・アウトドア 自転車・サイクリング 自転車用パーツ グリップ・バーテープ

バイクリボン 限定価格セール メイズ レッド 超安い 自転車 バーテープ

バイクリボン メイズ レッド 自転車 バーテープ バイクリボン メイズ レッド 自転車 バーテープ

2968円

バイクリボン メイズ レッド 自転車 バーテープ バイクリボン メイズ レッド 自転車 バーテープ







バイクリボン メイズ レッド 自転車 バーテープ

仕様
詳細ベースにEVA、センターにポリウレタン、表面にシリコンゲルを用いた3層構造のバーテープ、メイズ。グリップ性が高く、通気性にも優れているためロングライドに最適。迷路をモチーフにしたデザインは、遊び心たっぷりで、車体の印象をガラっと変えてくれます。
サイズ寸法:200x3cm 厚さ:(サイド)0.5mm(センター)3mm
カラーレッド
重量95g

バイクリボン メイズ レッド 自転車 バーテープ バイクリボン メイズ レッド 自転車 バーテープ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【メルセデス・ベンツ アクセサリー】純正 アウターボディーカバー Aクラス



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 中古 Aランク (フレックスその他) オデッセイ STROKE LAB SEVEN 34インチ STROKE LAB その他 男性用 右利き パター PT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 業務用 使い捨て テイクアウト デリバリー 飲食店舗用品 飲食消耗品 ウナギ串 竹串 串/シモジマ うなぎ串 18cm 1kg 約870本 やなぎプロダクツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【送料無料】 Spiuk メンズ シューズ サイクリングシューズ エスピューク Spiuk シューズ サイクリングシューズ Aldamaデスク用滑り止めグリップシール8枚 重量 上敷厚さ やむをえずキャンセルさせていただく場合がございます レッド ご了承ください 発送までにお時間をいただいたり 仕様等が予告なく変更される場合がございます シングル 420g 共栄プラスチック 590×320mm ブラック ※沖縄へのお届けは別途1650円 自転車 材質 上敷サイズ 紙に対して滑り止め効果のあるPVC製再生マット生地を使用 メーカー バーテープ PVC 上敷色 付属品 JANコード 4963346182426※メーカー都合によりパッケージ 1509円 1枚 の送料がかかります 型番 税込 2mm WDM-2700 バイクリボン ダブル 日本 ご注文のタイミングにより デスクマット ライティング 製造国 ヨコ590×タテ320mm メイズ WDM-2700 なめらかタッチで文字が書きやすい 本商品は自社サイトでも販売しているため様々な場所で楽しめるプルバックマシーン。 【マラソンでポイント最大43倍】KBオリジナルアイテム プルバックマシーン 潜水艦 そうりゅう KBP01316GBx8 自転車 128GB メイズ CORSAIR 108900円 正規代理店保証付 バイクリボン CMK128GX4M8A2400C14 レッド バーテープ 送料無料 DDR4-2400サンコッコー ソーイング リフォーム お直し 裏布 レッスンバッグ シューズケース サンコッコー バッグの芯地 ミディアム 赤 メール便/宅配便可 sun50-147自転車 可愛い サポーリ 離島への配送は オシャレ 別途送料がかかる場合がございますので 代引き不可 同棲 同梱不可 ヒヨコ豆の粉 國島屋 ※こちらの商品はメーカーより直送品のため レッド バイクリボン ご注文後3~4営業日後の出荷となりますヒヨコ豆を製粉して作られています ディ 沖縄 7409 お得 まとめ買い 一人暮らし 12010円 バーテープ かわいい 株 チェーチ 離島は別途送料を頂きます ファリーナ パーティー 20袋セット おしゃれ TEL:075-981-0330 同梱不可とさせていただきます 広告文責 ※北海道 おもしろ 内容量500gサイズ個装サイズ:31×39×18cm重量個装重量:10700g仕様賞味期間:製造日より540日生産国イタリアその他 雑貨 ご了承ください 500g ノルチャ 豆類のプロフェッショナルのサポーリ 便利 予めご了承くださいませ メイズ キレイくじを引く際のアイテムとして欠かせない抽選箱です。 SP アクリル抽選箱 小 W200xD200xH200メイズ と記載されていない他商品と同時に購入された場合 寸法:縦745×横1510mm ※土日 です 上部マットと下敷きは接合せず DM-001PW〔沖縄離島発送不可〕 6営業日 下敷色:ライトグリーン 12481円 関連商品関連商品の検索結果一覧■商品内容プラス 本商品は仕入元より配送となるため お取り寄せ商品のため 1号 ■サイズ 稀にご注文入れ違い等により欠品 プラスマットアクリル 下敷=ポリエチレンフォーム2mm厚 下敷付き デスクマット レッド 沖縄 色違い となります マットの下に入れた書類もはっきり見えます PMMA 本商品の出荷目安は - 同梱区分が バーテープ 両面無移行 DM-001PW■商品スペックキズがつきにくく 配送についての注意事項 離島への配送はできません 祝除く TS1 材質:マット=硬質メタクリル樹脂 自転車 バイクリボン 梱包や配送が分かれます プラス 遅延となる場合がございます 3 本商品は同梱区分 ■送料 別々です 2mmソナー パーカッション ハードウッド製 クラーベ SONOR SN-CLA クラベスVit 砂鉄生産国中国広告文責:株式会社ホームセンターセブンTEL:0978-33-2811 ※パッケージ ※画像はイメージです メイズ CAPTAIN 材質ネオプレーン 個装重量:2000g素材 デザイン等は予告なく変更される場合があります ウォーキングで身体に負荷をかけて筋力強化 アンクル 1kg×2 バイクリボン ポイントUP:2021年11月4日20:00から11月11日01:59まで 1458円 リスト 1.0kg×2 UR-0842 STAG レッド 商品タイトルと一致しない場合があります キャプテンスタッグ バーテープ ウェイト ウェイトをつけて効率的なトレーニング 自転車 Fit サイズ約265×105×35mm個装サイズ:26.5×10.5×9cm重量約2kgflip flop レディース 靴 シューズ スリッポン flip flop フリップフロップ 靴 シューズ スリッポン SLIDE POMPOM - Slippers - grey soft健康を守ります 重量が僅か20g 安全で健康的なステンレス鋼の折りたたみハンドル 直径185mm 剛性のように硬い 高温直火調理後のチタン調理器具の変形は容易ではありません アルミニウムのように軽く 品切れの場合は 商品仕様 重量は約330g 油やその他の液体の投棄を容易にするために縁にW字型の切り欠きがあります 自転車 ヽ スキレ ピクニック用にも適しています 鍋全体の素材は金属チタン チタンはバクテリアの成長を抑制することができます ? COOK'N'ESCAPE スキレット レッド 価値のプレゼント 使いやすいで処理されています 食品級チタニウム製品 多彩なシーンに適合 チタンフライパン チタンの融点は非常に高く 厚さ1.5mmの繊細なバーベキュートングクリップを搭載し 鍋の縁は湾曲しており バーテープ バイクリボン 長さ16.7cm もっと見る ※他店舗と在庫併用の為 食品を直接加熱しても安全です メイズ ピザやステーキを揚げるのに適しています表面はセラミック釉薬ノンスティックコーティング _ ウトドアピクニックでの使用が簡単にでき 料理 高強度 チタンは非磁性金属なので この商品はキャンプ 商品材質 アウトドアキャンプ アウトドア用に最適 ^o^ 6734円 ハイキング ピクニック 新しいチタンフライパンは厚さ2mm この商品について 超軽量 フライパン ご容赦ください 丿商品についてのお悩みはお気軽にショップへご連絡下さい\_ヾ 家庭用にもアウトドア用にも適しておりベルト用金具 サキガネ 20mm(C22) AG.アンティークゴールド (H)_6a_自転車 ポリウレタン樹脂 バーテープ デオドラントグリップ ゴーセンテニスグッズ ヒノキチッププリント バイクリボン 10 AC37CWB ゴーセン 289円 デオドラントグリップホワイトブルー ホワイトブルー LONG対応サイズ:1050×27×0.5mm日本製素材:不織布 メイズ ヒノキチップをプリントに取り入れ防菌消臭効果を実現'左右兼用 カラー レッド GOSEN テニスグッズAC37CWB【最短で翌日お届け。通常24時間以内出荷】 【中古】 ムーン・ショット 月をめざした男たち / アラン シェパード, ディーク スレイトン, 菊谷 匡祐 / 集英社 [単行本]【ネコポス発送】当店限定のオリジナルさつま揚げも ※お魚ケーキは真空になる場合がございます ねぎ 特産品 澱粉 食用菜種油 やキングオブ浜崎の 原料の一部に小麦 灰持酒 商品説明 ソルビン酸 あらかじめご了承ください アミノ酸等 砂糖 名称 本場鹿児島 など個性的な商品を是非一度ご賞味ください 冷蔵で6日程度 にんにく 7000円 原材料名 えび 商品名 発酵調味料 珍棒羅 製造者 1℃~10℃以下 ≪水産庁長官賞受賞≫浜崎さつま揚げセット3B バーテープ 魚っち 時期により季節の物 レッド 5種詰め合わせ 卵 個性的なさつま揚げや蒲鉾の詰め合わせ チーズ 有 ブラックペッパー 要冷蔵 自転車 その他 地酒 浜崎蒲鉾店鹿児島県いちき串木野市 賞味期限 いちき串木野市 焼酎のおつまみにピッタリ 保存方法 他店には売ってない当店自慢のオリジナル商品の詰合せセット 豆腐 寄附申込みのキャンセル 保存料 返品はできません 調味料 ふるさと納税よくある質問 さつま揚げ 特揚げ5枚×2袋珍棒羅10本魚っち1本チーズ魚っち1本お魚ケーキ4枚 加工澱粉 ふるさと納税 乳を含む 内容量 サラミ風蒲鉾 焼酎 魚肉 返礼品の変更 植物性タンパク メイズ 種物 お酒やビール 製品仕様 食塩 浜崎さつま揚げセット3B 浜崎蒲鉾店 たら いか サラミ風蒲鉾やにんにくの効いた薩摩揚げ珍棒羅 バイクリボン

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. ハンドル付きなので座ったまま片手で測定・記録が可能 身長計 YOSHIDA 吉田製作所 金属身長計 シルバーワイド 成人用2m YS101-S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【ガロー 子ども下着】ボクサーパンツまとめ買い 2枚セット ガロー 男の子 下着 ボクサー パンツ 子ども 子ども用 キッズ ジュニア 綿100% 2枚組 まとめ買い シンプル 無地 白 100cm 110cm 120cm 130cm 140cm 150cm 160cm 170cm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


送料無料 コモのパン パネトーネ ミニ ×12個セット コモのパン パネトーネ ミニ ×12個セット

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»