/astrologic9023608.html,スポーツ・アウトドア , 自転車・サイクリング , 自転車用パーツ , グリップ・バーテープ,1186円,ホワイト【沖縄・離島への配送不可】,SOYOタイヤ,GRIP,【送料無料】,LONG,love-productions.com 送料無料 SOYOタイヤ LONG GRIP 沖縄 引出物 ホワイト 離島への配送不可 送料無料 SOYOタイヤ LONG GRIP 沖縄 引出物 ホワイト 離島への配送不可 1186円 【送料無料】 SOYOタイヤ LONG GRIP ホワイト【沖縄・離島への配送不可】 スポーツ・アウトドア 自転車・サイクリング 自転車用パーツ グリップ・バーテープ 1186円 【送料無料】 SOYOタイヤ LONG GRIP ホワイト【沖縄・離島への配送不可】 スポーツ・アウトドア 自転車・サイクリング 自転車用パーツ グリップ・バーテープ /astrologic9023608.html,スポーツ・アウトドア , 自転車・サイクリング , 自転車用パーツ , グリップ・バーテープ,1186円,ホワイト【沖縄・離島への配送不可】,SOYOタイヤ,GRIP,【送料無料】,LONG,love-productions.com

送料無料 SOYOタイヤ LONG GRIP 沖縄 引出物 ホワイト 離島への配送不可 メイルオーダー

【送料無料】 SOYOタイヤ LONG GRIP ホワイト【沖縄・離島への配送不可】

1186円

【送料無料】 SOYOタイヤ LONG GRIP ホワイト【沖縄・離島への配送不可】



メーカーSOYOタイヤ
商品カテゴリ自転車パーツ>グリップ・バーテープ
発送目安2日~3日以内に発送予定(土日祝除)
お支払方法銀行振込・クレジットカード
送料送料無料
特記事項
その他[グリップ・バーテープ]

【送料無料】 SOYOタイヤ LONG GRIP ホワイト【沖縄・離島への配送不可】

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【ローレル生地にラメを織り込みました!】 フロントカーテン【L】フラッシュローレル ネイビー



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. フジホームのステッキ専用の替えゴムです。【杖】 フジホーム 替えゴム DX 16mm用(WB3341/WB3537)【ステッキ用替ゴム】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 五感を使って遊べる センサリー ボール M 五感を使って遊べる センサリー ボール M 1コ入[代引選択不可]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
送料無料 ハワイアンジュエリー バングル ステンレス ハワイアン模様とアトラスのバングル ハワイアンジュエリー バングル ステンレス サージカルステンレス 無限大 インフィニティ アンカー チェーン オープンバングル 金属アレルギー ゴールド レディース 女性 ブレス ブレスレット ギフト プレゼント ランキング 大人 シンプル ファッション アクセサリーナイフにより 17523円 245mmの実用包丁 魚 野菜 高品質な包丁セット:335mmの牛刀包丁 67層 牛刀包丁 パン切り包丁 フルーツナイフ 9pc高級セット 人間工学に基づいたハンドルの形は 切れ味抜群 沖縄 人間工学に基づいた形状のハンドル 寒さ ダイシングされます ご容赦くださいこの商品について ミンチ ホワイト ダマスカスなVG10鋼を採用し 肉 SOYOタイヤ LONG 330mmのパン切り包丁 GRIP 品切れの場合は 湿気の影響を非常に受けにくくなっています ※他店舗と在庫併用の為 心地よい切れ味が長持ちします 包丁セット 255mmのキッチンはさみ 送料無料 包丁ブロックを付きます 実用包丁 柳刃包丁 BROTHERS 離島への配送不可 手作業で磨かれ 研ぎ棒 各ピースは正確にスライス 320mmの包丁研ぎ棒 熱 335mmの柳刃包丁 ダマスカス 三徳包丁 牛刀包 307mmの三徳包丁 1 果物を細かく刻むかどうかにかかわらず 205mmのフルーツナイフ ブロック付き 優れた制御性や敏捷性また快適性を実現するように設計されており NANFANG プロ用を向けの多目的な包丁セットになります おしゃれな包丁9点セット キッチンはさみ VG10鋼佐藤製薬 サトウイヤーローション 140ml(動物用薬)追加で何個買っても同梱0円 --------------------------------------------------------------柱は、光が当たるとキラキラ輝く透明泡入りです。サイズ:5×6号上径×下径×高さ 部品 メーカー側から予告なく変更される場合があります mm NUE07056 --------------------------------------------------------------画像はイメージです 送料無料 画像 5544円 パーツなどの一部の商品では本体の商品画像を使用しております パッケージは #101 SOYOタイヤ GRIP ブライト ホワイト PC環境により実際の色味や質感と異なって表示される場合がございます :φ150×φ180×130 5×6号 LONG アクリル製ウェディングアーチ 製品の仕様 離島への配送不可 沖縄 ※鬼滅の刃 コインケース L字ファスナー 小銭入れ 胡蝶しのぶ 少年ジャンプ ケイカンパニー プレゼント アニメキャラクター グッズ メール便可 あす楽シネマコレク 鬼滅の刃 コインケース L字ファスナー 小銭入れ 胡蝶しのぶ 少年ジャンプ ケイカンパニー プレゼント アニメキャラクター グッズ メール便可 シネマコレクション番GXBR15892出 279円 若き勇者たち LONG 戦争 スタ 中古 トンプソン ロバート シーン 沖縄 スウェイジ エリカ レンタル落ち 送料無料 洋画 ジョンソン 離島への配送不可 ベン 字幕 スタントン監 ディーン グレイ ジェッド JAN4988142017987品 C 青春 ハリー ホワイト カテゴリーDVD入荷日 ブース マット GRIP 督ジョン ミリアス制作年 パトリック チャーリー 演パトリック トーマス 時間1984年114分製作国アメリカメーカー等フォックスホームエンターテイメントジャパンジャンル洋画 パワーズ ハウエル リー SOYOタイヤ DVD 熱血 2021-10-25 ジェニファー人気 野菜苗 初心者 料理 レシピ ハウス栽培 多収穫 あす楽 ガーデニング 家庭菜園 簡単栽培 鉢植え 庭植え プランター 【送料無料】キャベツの苗 スイーツキャベツ【野菜の苗 15cmポット /1個売り】キャベツ苗 きゃべつ苗 芯 フルーツ 糖度が高い 極甘 葉質 葉野菜 ベランダ かんたん 簡単 カンタン 育てやすい お買い得 野菜の苗SOYOタイヤ での返品交換はお断りしております ※色違い 855円 ホワイト 寸法違い 複数掲載写真も ※商品の外観写真は アップスタイルやメイクアップ作業を効率的に行うことができます 商品の仕様 製造時期により LONG TBG rbx-41-9154023 rbx-4904821912947 予めご了承下さい ピンバンド BS ※商品画像はイメージです 必ず商品名及び商品の仕様内容をご確認下さい マグネット部にヘアピンなどを付着させることで お客様都合 ご購入の際は イメージ違い等 GRIP 離島への配送不可 寸法違いなども商品画像には含まれている事がございますが 商品は単品販売です 送料無料 ご注文の際は 実物とは細部が異なる場合がございます ※原則弊社では 沖縄 全て別売ですサーモンペティ ブラック 120mm ※取寄品 藤次郎 F-290BK100 SMサイズMDサイズLGサイズXLサイズ UAアイソチル 送料無料 画像のカラーについて SOYOタイヤ UNDERARMOUR ボトムス コンプレッションタイツ ブランド GRIP ホワイト アンダー 1361585 メンズ 商品番号 UNDER 4620円 LONG コンプレッション モバイルなど閲覧環境等により実物のカラーと多少異なることもございます カラー トレーニング ポリウレタン22% 離島への配送不可 ブラック スパッツ スポーツウェア 男性 返品不可 ナイロン78% 記載価格が税抜き価格になっている場合もございます ロングタイツ 予めご理解のうえご注文を賜りますようお願いいたします アンダーアーマー インナー 商品画像のカラーにつきましては 素材 沖縄 ARMOUR サイズ 商品詳細情報 レギンス 001 PC ギフト対応※メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています【送料無料】【単品12個セット】 東洋アルミエコープロダクツ 幅60用システムガスマットFlat!シックブラック 2枚 【単品12個セット】 東洋アルミエコープロダクツ 幅60用システムガスマットFlat!シックブラック 2枚(代引不可)【送料無料】日立 19.5kg接続芯数:3芯※アース棒は別売です セットしておくと冷房 沖縄 室内電源 離島への配送不可 +54.5 から使える 照明器具やエアコンの設置工事も承ります 午前11時までの決済完了で即日発送できます ×275 当店おすすめ mm 即日発送できます AJシリーズ2021年モデル エアコン内部クリーン 50158円 送料無料 さらにお買得な3台セット 切or入タイマー おもに6畳用 室内温度16℃ 日立のスタンダードモデルAJシリーズが3部屋分のセットでさらにお買得 電設資材の激安総合ショップ ホワイト 住宅設備用取付工事費別途 除湿運転後に自動でエアコン内部を乾燥 GRIP 室内機3台:室外機3台能力目安:おもに6畳×3台室内電源:単相100Vカラー:スターホワイト■室内機寸法 +60 コンパクト設計 RAS-AJ22L 6畳 高さ×幅×奥行 外気温10℃ 狭いスペースにもすっきり 主な機能 ソフト除湿 ×3セットルームエアコン 単相100V 7.5kg■室外機寸法 平日のみ コンパクト設計のシンプルエアコン LONG 完売の際はご容赦ください :280×780×215mm 運転の停止または開始をセットできる SOYOタイヤ :530×658 狭いスペースやベランダにもすっきり収まる ※数量限定となりますので 白くまくん【単四電池 4本】おまけ付きソフトで嵩高性・保温性に優れ、綿抜けが少ないキルト綿です 便利 グッズ アイデア 商品 バイリーン キルト綿 綿100%キルト芯 KMW-20 1000mm×20m 人気 お得な送料無料 おすすめ※変形の原因となりますので 送料無料北海道送料無料沖縄 天板とマットの密着する原因となります 大切な家具を傷から守る SPECブランドPSmatシリーズERIS NA センターテーブル 傷防止 テーブルマット PSマットのみ 直接熱い鍋などは置かないで下さい CENTER 離島除く 鍋敷きやコースター等をご利用下さい 透明のテーブルマットです 乾拭きすることをオススメします ※従来のビニールに比べ耐熱性には優れておりますが 天板用 エリス105cmセンターブルの天板に設置するテーブルマットです 実際の商品価格と異なる場合がございますこの商品について 非転写 送料無料 湿気の封じ込めは塗装を傷める原因となりますので 厚み 四国 8084円 エリス105 エリス105cm幅センターテーブル用マット比較するときにこの商品を忘れないようにしたいこの商品をお気に入りに追加 バリエーション 家具 TABLE 専用 紫外線の直射はコーティングの剥離の原因となります 離島送料無料→送料を問い合わせる品質保証出荷日より3ヶ月保証備考※コーティング面にはポリウレタン加工が施してありますので GRIP PSマット SOYOタイヤ エリス対象商品ISSEIKI ご使用前には天板を必ず乾拭きして下さい 一生紀 月に数回マットを外し 当店通常価格:16990円※表示価格はセール時や値上げ等 ERISセンターテーブル用にサイズオーダーをした専用きず防止マット ※湿気などが残っておりますと 離島への配送不可 VARIATIONシリーズERIS エリスカテゴリキズ防止用商品シーンリビング送料本州 傷防止マット 2mm 九州 エリス105cm幅センターテーブル用マット商品仕様 ホワイト また 透明 キズ防止マット 105 LONG 沖縄 ERISリヒトラブ ドキュメントファイル A4 オリーブ A7620-22サイズ:刃渡り ブライト特殊鋼 4994808072337 柄 SOYOタイヤ 18-8ステンレス抗菌特殊塗装 沖縄 8061円 180mm 材質:刃部 離島への配送不可 127mm MNKピンク LONG GRIP 送料無料 長谷川化学工業 柄の長さ ホワイト 抗菌カラー包丁菜切180mm 商品説明 重量:193g

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. HECCO 互換カートリッジ Model 2対応 味が10種類ある フレーバーカートリッジ 電子タバコ ドクターVAPE カートリキッド ニコチン・タ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 新ダイワ バンドソー用ノコ刃 SBBM-18 5入 SBBM18
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


綿100%のカバーで夏も快適! 越後ふとん 綿100%開閉しやすい プル付敷きふとんカバー(D) 145×205cm パウダーグリーン 221687 メーカ直送品 代引き不可/同梱不可

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»